好きなことだけして生きていきたい

20代OLが会社にもモノにも縛られない自由な生活を模索しています

初めての年次有給取得を上司に申請してみました

本日は水曜日!ど平日です!

普段なら毎日6時半にセットしている目覚ましに起こされ、

儀式のようにトーストを焼いて、適当にメイクをして、気が進まないまま出社している平日です。

そんな平日に、突然初めての年次有給を取ってみました。

特に退っ引きならない理由があったわけでもなく、何の予定もないのですが、同僚が有給申請していたのに便乗して、どさくさに紛れて私も申請してみました!←

 

3月。

私が勤める会社も期末です。有給が特に取りにくいと感じる方も多い時期でしょう。

しかし、期末ということは取り損ねた有給が消えていく時期でもあります。

因みに私は今日取得した年次有給を入れて、あと6日年次有給が残っていました。

 

私は現在、年間11日の有給を持っています。

  • さっき有給はあと6日って言っただろう!
  • 既に5日も有給取れてるじゃないか!
  • 初めての有給申請なんて嘘じゃないか!

そう思われたかと思います。

そうです。正確には、有給を使うのは今日が初めてではありません。

正しくは自由に有給を使ったのが今日初めてなのです!

 

私の職種は、お盆や年末年始という長期休暇が無く、

代わりに『職場離脱期間』というものがあり、年に1度その期の年次有給の内5日を連続で使って休むことになっています。

職場離脱期間は、必ず全社員が取得するよう義務付けられている為、年次有給の内5日は、毎年必ず使用できます。

逆に言うと、土日祝日以外は、この5日間しか休めません。

(世間にはもっと休みがないという会社も沢山あるでしょうがその議論は置いておいて...)

私のような若造は、先輩方が申請した後に誰とも被らない日程の中から申請しなくてはいけない為、この5日間すら思い通りの時期にはなかなか休めません。

 

そして、その5日間の職場離脱期間を抜いた、残りの有給は皆消化出来ずに毎年消え去っているのです。

私の場合、残りの6日を有効に使えたなら、特段病欠等が無ければ、2ヶ月に1度程度は好きな日に休んでも大丈夫なわけです。

そんな人いませんけど!

有給が取りたいなんて上司にも言い辛く、周りも休めばいいものを全然休まないので、これまで空気を読んで大人しくしてきました。

 

でも疲れました!←

最近は上司にどう思われようが構わないという思いも強くなってきていた為か、思いきって有給申請した結果、今本当に幸せです!

  • 朝自然に目が覚めるまで眠って、
  • ゆっくり朝ごはんを食べて、
  • 部屋を丁寧に掃除して家事を済ませて、
  • 2か月ぶりの美容院に行って、
  • 平日のデパートでゆっくり買い物をして、
  • 着付けの習い事に行って...

 

満足です!←

 

有給取得の開放感、幸せを知ってしまったので、これからは様子を見て2ヶ月に1度を目標に、こんな日を作っていきたいと強く感じる初めての有給取得でした。

 

また、最初は有給申請する際の、上司や周囲の反応も気になっていましたが、

しつこく理由を聞いてくることもなく、想像していたよりあっさりと休めました。

休み明けに出社し辛い等も特になさそうです。

それどころか、有給を取ってリフレッシュしたことで、普段より前向きに出社できる気がします!

有給取得、たった1日ではありますが、少し疲れてしまった時には本当にオススメします!!!